FC2ブログ
3Dステレオ写真ぶろぐ
なむきゅうのステレオ写真ブログへようこそ! ステレオ視で見る立体写真(いわゆるステレオ写真)を掲載しています。 まったりした頻度で更新中です。 脱力系3D写真の世界をお楽しみください。
昔の町並み 
035_Hakubutu-1_H.jpg

交差法ステレオ写真はコチラ


郷土博物館内の昔の町並みを再現した場所の3D写真です。
かなり若い人には新鮮な感じに映るかもしれませんが
自分が小さいころは、まだ少し残っていた風景なので
このような場所は懐かしくも感じられます。(自分いくつだ?)

【DATA】
カメラ一台での撮影
某ネズミ巨大テーマパークから
バス・車で10分ちょいくらいのところにあります。
少し時間があったら行ってみても良いかもしれません。
ただ近くに他の見所はありませんので
「コレだけ見に行く」覚悟は必要です。
関連記事

テーマ:3D・立体写真(ステレオ写真) - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
いえいえ
こちらこそアドバイスありがとうございました。
m(_ _)m
自分は基本的に何かないと動かない人なので、
助かります。 ^^;
(単にだらけているだけかも知れませんが・・)
2006/03/23(木) 19:04:05 | URL | なむきゅう #bPjGtGq2[ 編集]
おありがとうございますううううううう
さっそくの変更、まことにありがとうごじゃいますうう。
無理言ってすんまそん~~~~。
でもうれしーーーーーーーーー。
見やすい見やすい。(^o^)/
全然違ううううううううううう。
ありがとうございましたーーーーーーーーーー!!!!!!!
2006/03/22(水) 22:20:53 | URL | にゃほにゃほ #Erx85hVM[ 編集]
PCが見えにくいのは、多分お疲れなのでしょう。^^
ゆっくり休養をとることをお薦めします。
 さて、自分も正直なところ前のテンプレートは文字も小さく ちょっと見難いと思っていたのですが、
(↑ならなぜ変えない?と自己突っ込み)
なかなかどれもシックリしなくて、
そのまま放置していました。 ^^;
・・ということで、とりあえず最初しようしていたテンプレートに戻してみました。
 本当はテンプレートを自作すればよいのでしょうが、
大変時間がかかりそうなのと大量のバグに襲われそうなので、なかなか手が出せません。
2006/03/21(火) 18:59:15 | URL | なむきゅう #-[ 編集]
たま~~~~に80くらいでも老眼鏡なしで本を読んでる人も
いますね。あれはすごい!秘訣を聞いてみましたら、「ごまを毎日食べる」という方と、「お寺巡りをして”お経を読みたいのでずっとめがみえるようにしてください”とお願いして回りました」というばあさんとか。
う~ん、どっちもすごい。
私は最近ちょっとPCが見えにくいような気がします。まだそこまではいってないはずなんですが!(←ここ大事)
なのでどんなにいいサイトでもテンプレートが真っ黒とか、全てが淡色系で文字がみにくいものは内容以前に疲れるので敬遠してしまう時があります。(←コメントを入力するところの文字がちょっと薄くてみにくい。と暗に訴えている。。)
こだわりが特にないのならもうちょっとだけ濃い色にしていただければ目に優しい、、、、、。すんまそん~~~
2006/03/21(火) 12:58:31 | URL | にゃほにゃほ #Erx85hVM[ 編集]
 観光で訪れる方々は皆無なので、ねずみランドのついでに寄っていく人ほとんどいないと思います。(たまにTVで紹介されているようですが・・)
 立体感、薄いですね~。画面も落ち着いていることもあって、余計にそう見えます。
また、立体視に慣れてきていることもあって余計に薄く見えるのかもしれません。(目が壊れてきているわけじゃないかと・・^^; )
80才ですか。(笑) 
自分の祖父母の方が近い歳ですね。^^
80才過ぎても、サクサクPCなどやっていたいものですが、それまで今まで生きてきた以上の年を生きなくてはなりません。健康には注意しなくては。
2006/03/20(月) 18:40:31 | URL | なむきゅう #-[ 編集]
ねずみのお宿から近くですか。
行ったことないですねー。
今回の写真は、、、、、、今までで一番立体感が薄かったかなー。(だんだん目が壊れてきたかも)
屋根がキラキラしています?
いくつですか?80才くらい?(うそです)
2006/03/19(日) 18:19:33 | URL | にゃほにゃほ #Erx85hVM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック