FC2ブログ
3Dステレオ写真ぶろぐ
なむきゅうのステレオ写真ブログへようこそ! ステレオ視で見る立体写真(いわゆるステレオ写真)を掲載しています。 まったりした頻度で更新中です。 脱力系3D写真の世界をお楽しみください。
京都祇園 巽橋 
101_Gion-2_H.jpg

交差法立体写真はコチラ


京都の祇園・巽橋のステレオ写真です。

このあたりは京都といえばイメージされるような景色が色濃く残っている場所ですが、
この橋を渡り小道を抜けると、
そこはまさにビル街
"子供は入っちゃいけませんよ!ゾーン"
とでもいうべき場所が現れます。

賛否両論は別にして、
この場所はいろいろな景色が共存する
"不思議な場所"
といえるかもしれません。

【説明】
カメラ二台で撮影

静物なので、カメラ一台でも撮影できましたね。^^;



====================================================
本文中で"ゾーン"と書いてるときに
「ゾーンといえば流星人間ゾーンか・・」
などと急に思い浮かんでしまいました。

どうでもよいことで、本文中にも何の関係もありません。
====================================================
関連記事

テーマ:3D・立体写真(ステレオ写真) - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
半病人さん>
こちらこそご訪問ありがとうございます。

 ご覧になるのになかなか上手くいかないとのこと。
 平行法は、画面より遠くを見るようにするとか、
写真と写真との間に下敷きなど衝立を入れて試した見たり
 交差法は、思いっきり寄り目でみて、
少しずつ戻しながら左右の画像が重なるところで
ピントが合うまで辛抱してみると 上手くいき易いのですが、
得手不得手があるので、これに懲りずに気長に見ていただけると幸いです。

赤青眼鏡でみるもの、ありましたね。
自分が子供の頃にも、TVで(確か"オズの魔法使い")
当時としては画期的(今では絶対出来ない)
赤青眼鏡の見る立体ドラマをやっていたことを思い出しました。
なつかしいです。

またの訪問お待ちしています。
2006/06/04(日) 20:09:02 | URL | なむきゅう #bPjGtGq2[ 編集]
先日はご訪問感謝します。

「はじめに」を参考にして、写真をにらんでみたのですが、中々上手くいきませんでした。ド近眼の老眼には、コツをつかむのが難しいです。

 昔映画館で、3D映画を赤青の眼鏡で見た事を懐かしく思い出しました。

失礼しました。
2006/06/04(日) 06:37:17 | URL | 半病人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック